イラストをNFTで出品するのにオススメなプラットフォーム

自分で制作したイラストをNFTで出品するのに良いプラットフォームはどこでしょうか?
初めての場合、現時点ではOpenSea(オープンシー)一択で良いかと思います。

Foundationもあるのですが、招待制のプラットフォームになるので、OpenSeaで実績を出してからFoundationでも出品して広げていく。という流れがセオリーになってきているので初心者、初めての方はOpen Seaから始めましょう。

OpenSea(オープンシー)

NFTを出品するならオープンシーで良いでしょ。という位現在の定番NFTプラットフォームです。
月間取引数が250億円ほどあるようなので、世界中の人が売り買いしているのがわかると思います。
NFTプラットフォームのNO1です。

日本人のアーティストの多くがOpen Seaを利用しています。

2021年12月OpenSeaで売上上位の日本人NFTアーティスト10名(イラスト系)

Open Seaを使うには?

イーサリアムが必須
仮想通貨取引所に登録をしてイーサリアムを購入しましょう。
仮想通貨取引所は簡単に口座開設できるコインチェックがオススメです。

ウォレットのMetaMaskも必須

MetaMaskを登録してOpen Seaと連携させる必要があります。

  1. 仮想通貨取引所でイーサリアムを購入
  2. MetaMaskにイーサリアムを送金

↑の手順が必要になります。

OpenSeaでイラストを売るためにはイーサリアムで出品しよう

OpenSeaで出品する際にサーリアムで出品するかポリゴンで出品をするか選べます。

イーサリアム=人が多いけど手数料がかかる
ポリゴン=人が少ない手数料無料

という違いがあります。
イーサリアムで出品をした方が多くの人が利用してますし、価格も大きい単価で売買されたりするのでイーサリアムを選択するのをオススメします。